元気なあなたの姿を見たいから

漢方の効果

野菜

不妊治療を行なう場合、漢方薬が使用できます。不妊に高い効果をもたらす漢方を薬局で購入した場合、600円から700円程で購入することができます。初回にカウンセリングをすることで購入できるため、必ず受けておきましょう。

詳細>>

得られる効果

果物

不妊で悩んでいる夫婦は多くいますが、体や金銭に負担のかからない治療方法としてサプリメントが利用できます。ホルモンを整えるマカやイソフラボン、血行を促進させるビタミンEや葉酸などの栄養素の摂取で高い効果をもたらします。

詳細>>

利用できる施設

横浜市でお産の施設を選ぶ方法

妊婦

横浜市にはたくさんのお産施設がありますが、いったいどのような施設が良いのでしょうか。お産をする施設は大きくわけて、総合病院や周産期センターなどの病院や、一般的な産婦人科病院やクリニックがあります。周産期センターや総合病院では、主に合併症のある妊婦さんや難しい疾患を抱えた患者さんに対応する事が多いです。産科クリニックでは、一般的に正常の妊婦さんや合併症などのリスクの無い患者さんがお産をする事が多いです。横浜市は大都市ですので、総合周産期センターも産科クリニックも多種多様にあります。その妊婦さんの希望や、妊娠の状態に応じて施設を選択していく事になります。横浜市は地域同士の連携も強いので、例えばクリニックから妊娠状態が悪化した患者さんなどの紹介もスムーズにできます。

様々な最新の分娩方法

分娩方法には様々な方法があります。一般的な方法を選択したとしても、その時の呼吸法や分娩のスタイルは施設やクリニックによって様々なものがあります。最近、トレンドになっている分娩の方法としては無痛分娩があります。無痛分娩とはいったいどのような方法なのでしょうか。分娩時には、非常に痛みを伴う陣痛がつきものですが、この陣痛の痛みを和らげる方法が無痛分娩です。硬膜外麻酔という、脊椎の硬膜外というスペースにカテーテルを挿入し、そこから麻酔薬を入れる事で、じわりじわりと痛みを和らげながら分娩出来ます。もちろん、特殊な技術が必要ですので、硬膜外麻酔の経験が豊富な医師のもとで行う必要があります。横浜市にも無痛分娩を扱っている産科はたくさんありますので、そこから自分にあった病院を選びましょう。

クリニックでの治療

考える女性

一年以上の不妊や高齢での子作りを希望した場合、妊娠の確立が低いため問題となります。産婦人科や不妊クリニックを受診することでこうした不妊の問題を解消できるので、血液検査や内診、精子検査などの治療を受けましょう。

もっと詳しく